pythonを勉強しようと思った時にまずはまるのが

 

環境構築ができない

 

ということですよね。

 

僕は最初にこの沼につかりモチベーションが駄々下がりしました。

 

そこで今回はこの環境構築の問題を一気に解決できる’Google Colaboratory’についてまとめていきます!

 

今から機械学習を勉強しようと思う人はもちろんですが、

pythonを勉強してみようという方は是非使ってみてください!!!

 

かなりおススメです!



Google Colaboratoryとは

まず’Google Colaboratory’とは何かについてですが、

 

これはGoogleが研究用や機械学習の教育用として無料で提供しているものです。

 

完全にクラウド上で(自分のPC上ではなく仮想環境で)pythonプログラムが実行されるJupyterNotebook環境のことです。

 

つまりは面倒なしかつ無料pythonが使えるようになるツールということです。

Colaboratoryを使う準備

これからGoogle Colaboratoryの実際の使い方を説明していきます。

Google driveに接続する

まず初めに’Google Colaboratory’を使用するには、自分のGoogle driveに接続しなければなりません。

接続方法は以下の通りです。

  1. Google drive上で「新規」→「その他」→「アプリを追加」と進む。すると以下のような画面が出てくると思います。
  2. アプリの検索で「Google Colaboratory」と検索して「接続を押す」
    上図の赤枠の部分に「Google Colaboratory」と入れます。検索すると以下のようなロゴで「Colaboratory」と出るので赤枠で囲われた接続をクリック!
  3. 完了
    以下のような画面が出てくれば接続完了です。

 

ファイル作成

ファイルの作成はいたって簡単で先ほどと途中までは流れは同じで

「新規」→「その他」→「Colaboratory」と押すだけでファイルが作成されます。

以下のような画面になったら準備完了!

これでpythonが使えるようになりました。

それでは実際に使っていきましょう!!

使い方

基本操作

の部分では作ったファイル名を変更する場所。

はコードやテキストを書くセルと呼ばれる場所。

そしてはセルを操作するところです。「コード」を押すとコードを挿入できるセルが追加されるのですが、

「テキスト」というところを押すとテキストを挿入できるセルを追加できます。

まあ色々と試してみたください。

実際にコードを書く

それでは実際にコードを書いてみましょう。

まず機械学習に必要なライブラリがインポートできるのか試してみます。

実行は赤枠の部分をクリックするか、「shift + Enter」でできます。

恐らく実行できるかと思います。

このように機械学習で頻繁に使うモジュールをすぐに使えるなんて便利ですよね。

まとめ

最後に‘Google Coraboratory’のまとめです

  • 無料でしかも簡単にpythonの実行環境が手に入る
  • 機械学習に必須のモジュールも使用可能
  • 基本的にGoogle driveの中のファイルなので共有可能

このようにかなりメリットがある‘Google Coraboratory’ですが是非皆さんも使ってみてください。

 

ファイルが簡単に共有できるのでメンターの人に自分が書いたコードを見せて、フィードバックをもらうなんて使い方もあるかも…

 

もしよろしければ以下の記事を‘Google Coraboratory’上でお試しください。

pythonによる機械学習【分類編】

pythonによる機械学習【回帰編】

 

Written by Taiga

スポンサーリンク