≈こんにちは、今回はGoogleアナリティクスを完全に使いこなしたい方へに機能の説明をしていきたいと思います。また、普段聞きなれない用語もいくつか出てくるため、そちらの解説も行なっていきます。

 

Googleアナリティクスの導入の仕方は以前記事にしたのでこちらをご覧ください。

無料アクセス解析ツール Googleアナリティクスを設定してみた

 

自分もそうなのですが、せっかく導入しても機能が多すぎて全く使いこなせないということは少なくないと思います。

そこで今回はGoogleアナリティクスを使いこなすために機能を解説していきたいと思います。

この記事さえ読めばGoogleアナリティクスの基本的な使い方は理解できるように書いておりますので安心ください。




ホーム

 

まずGoogleアナリティクスを開くとこのようなページが開くと思います。ここは様々なレポートを一画面に映してくれているだけなのでとりあえず無視します。

 

リアルタイム

サイドバーの1番上にリアルタイムと書いてあると思います。

まずこちらからみていきましょう。

 

リアルタイムをクリックすると上からこんな感じで選択肢が出てくると思います。

  • 概要
  • 地域
  • トラフィック
  • コンテンツ
  • イベント
  • コンバージョン

 

ただ、リアルタイムを使う必要はあまりないため、簡単に解説します。

 

概要を開いていただくと7つのデータが映されていることに気がつきます。

 

1、現在のアクティブユーザー数

これは現在あなたのサイトを訪問してくるユーザーの数を表しています。

 

2、ページビュー数

これはあなたのサイトが表示されている回数を表しています。

 

3、上位の参照元

4、上位のソーシャル関連のトラフィック

5、上位のキーワード

上から「どのサイトから流入しているか」「どのSNSから流入しているか」「どのキーワードで検索されているか」といった情報が表されます。

 

6、上位のアクティブページ

あなたのサイトの中でどのページが一番みられているかということが確認できます。

 

7、上位の所在地

どの国であなたのサイトが見られているかという情報が確認できます。

 

ユーザー

サイドバーのユーザーというボタンをクリックすると色々な選択肢が出てくると思いますが、この中で使うページは初めのうちは概要だけで問題ないです。

 

ここで多くの用語が出てくるので確認を行っていきます。

 

  • ユーザー

サイトを訪れた人数です。1つのブラウザから訪れた場合に1となります。つまり、たとえ1人であっても異なるブラウザから訪れた場合は2カウントになります。

 

  • セッション

サイトの訪問回数を表します。同じユーザーだとしても異なる時間に訪問した場合は新しくカウントされます。セッション時間は、サイト訪問時の滞在時間を表しています。

 

  • ページビュー数

サイト内のページを閲覧した数になります。つまり、1人のユーザーがサイト内で記事をいくつか見た場合はその分だけページビュー数は増えていきます。

 

  • 直帰率

この値は何割の人がサイトを見た時にそのサイトから離脱したかを表す数値になっています。他の数値と違い少なければ少ないほどいいということになります。だいたいブログの直帰率は65~90%と言われています。自分たちのブログはかなり高い直帰率なので改善の余地がまだまだありそうですね。

 

集客

集客の概要を開くと、こんな円グラフが出てきます。

これは、あなたのサイトに到達したユーザーがどのようにして訪れたかを簡単に表しています。

 

  • Organic Search

自然検索とも言います。Googleなどの検索エンジンを用いて検索してサイトを見にきてくれたユーザーはここに分類されます。ただ、以下の画像を確認してもらうと「プログラミング」と検索した際の上から2番目までのサイトには広告と書いてあります。これは自然検索には入りません。

 

  • Referral

他のサイトからの流入になります。試しに、以下のグラフの中でReferralを押してみてください。どの外部サイトからの流入があるか確認ができます。

 

  • Social

SocialはTwitter、FacebookなどのSNSからの流入になります。

 

  • Direct

アドレスバーに直接リンクが書かれた場合や、ブックマークから直接サイトに飛んできた場合はDirectになります。

 

行動

 

サイトコンテンツ

行動の中にある「サイトコンテンツ」では自分が作成したサイトの中でどのサイトが一番みられているかといった情報を確認することができます。また、ページごとにPV数や平均滞在時間、直帰率、離脱率といった情報の確認ができます。

 

行動フロー

行動フローではサイト内でユーザがどのように遷移したかということが確認できます。赤く表されているところは離脱を意味しています。

 

終わりに

とても簡単にですが、Google アナリティクスを使う上で必要最低限のページと用語の解説をさせていただきました。これさえ理解しておけば基本的な部分は問題なく使えると思います。

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク