Pythonを始めるためのステップは

  1. インストーラのダウンロード
  2. Pythonのインストール
  3. テキストエディタのダウンロード

大まかに分けてこの3ステップで「あ、プログラミングっぽいことできる!」というところまで進めることができます。
自分は何も知らずに独学でプログラミングを始めたのでコードを書き始めるまでにとても時間がかかったことを覚えています。なので、できるだけわかりやすいように書かせていただきます。

1. インストーラのダウンロード

https://www.python.org/

こちらのページでPythonインストーラのダウンロードができます。

このページに移ったらDownloadsにカーソルを乗せてください。Download for Windowsという文字とPythonのバージョンが書いてあるボタンが出てくると思います。そのボタンをクリックしてください。基本的に最新版をダウンロードすれば問題ないでしょう。

するとこのようなバーが現れるので、保存を行ってください。この際、このインストーラがどこに保存されたのか覚えていてください。

2.Pythonのインストール

ダウンロードが完了したら、先ほど確認した保存場所でインストーラをクリックして開いてください。いろいろとチェックボックスが出てくると思いますが重要な部分は

Add Python (バージョン) to PATHというチェックボックスにチェックをつけることです。PATHとは小道などを意味する英単語で、Pythonのコードが書かれたときに参照するファイルまでの道を表しています。

PATHを通すことだけ注意してインストールが終わればもうPythonを使うことができます。画面左下メニューでコマンドプロンプトを検索してください。コマンドプロンプトを開いたら

python –version

と打ち込んでください。先ほどダウンロードしたPythonのバージョンが表示されたら完了です。

 

3.テキストエディタのダウンロード

もうPythonを使える環境になりましたがテキストエディタのダウンロードを行うとよりプログラミングしている感じになります。先ほどのコマンドプロンプトを用いたプログラミングは対話型といいます。

テキストエディタにはさまざまな種類がありますが今回は有名なVisualStudioCodeを使っていきましょう。下のページからダウンロードが可能です。

https://code.visualstudio.com/

ダウンロードが完了したらテキストエディタを使っていきましょう。

Written by Yuta.